NEWS

描く365日のアートについて

「描く365日のアート」を始めました。

普段取り組んでいる作品とは別に、日々の鍛錬・楽しみ・試作を兼ねて20分間で製作しているアートになります。自由に、新しい可能性の模索を行っています。
___

このアートシリーズを始めようと思ったきっかけ。
インスタグラムに書いたものになりますが、私にとってとても大切なことだったので、こちらにも記載いたします。

___

絵を描くって、本来何を描いても、どう描いても良い。そんなことをすっかり忘れていました。
そして、この数年をかけて絵を描くことは喜びであり自由であったということを思い出したように思います。

アートは、人生において必要でないもの。優先順位としては低いもの。そんなことを思い生きてきた私は、アート/絵を描くことを人生の選択肢から弾いて生きてきました。

でも、幼稚園の頃からほかっといても絵を描いていた自分というのは遠ざけたとしても、絵を描き続けることを結局希求し続けました。

今、時代が大きく変わってきたことと、時代が変わったとしても変わらないことを見てきて。
改めて絵を描くことや、時間をかけて何かに対して真摯に取り組み続けていくことの意味を知るようになりました。

人生には色が必要である。そして、多様であること。さまざまな人がいて、絵があって、色があって。それが面白いんじゃないかと。
自分自身の内側も同じく。

美しさも画一的じゃない。美も醜も混ざり合って、混沌が美しいのだと、私は思います。ウワバミのように飲み込んだ混沌、出てくるものはなんだろう。そんなことを思います。

一枚の絵が、色が、服が、本が、音楽が、舞台が、魂の糧となる。誰しも経験あると思います。
私とあなたを繋ぎ、そして魂の私と私自身と繋げる。アートの力だと思っています。

皆さまの日常に、魂の糧となるようなアートが共にあることを願ってやみません。

そして、その中の一つとして、私の描くものたちが日々の生活を少しでも明るく、楽しみとなれたら、こんな嬉しいことはありません。
___

描く365日のアートはこれから少しずつアップしていきますので、ぜひどうぞ見ていただけたらと思います。

自由に、絵を描く喜びを何度でも感じなら、続けていこうと思います。